正しい美容ガイドブック

綺麗な女性

小顔に見せるメイク術

鏡を見る女性

小顔に見せるためには、メイクがとても重要です。
ただのっぺりとファンデーションを塗ってポイントメークするだけよりも、ずっと小顔に見せるメイク術を紹介します。
大切なのは「顔に立体感をつけること」です。ハイライトとシャドーを上手に使い分けると、それだけで印象が違ってきます。
ベースにはラメ入りの化粧下地を使い、おでこと鼻筋のTゾーンにホワイトのハイライトをうっすらとのばします。
次は引き締まって見えるようにシェーディングをしていきます。
シェーディングのカラーは、マット感があり、肌色よりも2トーンほど暗めのものが丁度良い色合いでしょう。
シェーディングを入れる場所は、顔両脇のこめかみからアゴにかけて。濃くなりすぎないようにフワッと力を入れずに大きめのブラシで入れていきます。
髪の生え際にもシェードを入れていき、あとは少し小さめのブラシで鼻筋のわきにもシェーディングをすると、すっきりとした鼻筋を強調できます。
顔の形によってもシェーディングの方法は変わってきます。ベース型の場合はエラの部分に影を付けるようにシェーディングをしたり
面長の場合は縦のラインをカバーするために髪の生え際とアゴのラインに入れるなど、欠点を隠すように施すのがポイントです。

TOP